野菜を食べるカレーcamp 代々木本店

カレーブートキャンプ

代々木のうまいものを求めてさすらう代々木うまいものMAP。
我はレポーターのさんぴん太郎である。

今回は「野菜を食べるカレーcamp 代々木本店」さん。
その名の通り、カレー屋だ。
全国展開しているが、こちらが本店。

店内のコンセプトもその名の通り、まさに「キャンプ」。

天井から吊り下げられたランタンやドライネット。
内装だけでなく、飯盒やポット、スコップ型のスプーンなど、
カトラリーにまでアウトドアな魂がこめられていた。

煮えたぎる鉄鍋カレー

ちなみにランチタイムのみドリンクが100円になるとのこと。

おすすめドリンクのラッシーを注文してみる。

ふむ。
これはなかなか良いラッシー。

店員さんに尋ねた所、隠し味にハチミツとレモンを少々入れているとのこと。
牛乳にレモンを入れたら分離しないのか?
素朴な疑問が沸いたが、そこはグッとこらえた。

さて、今回注文したのは2点。

まずはトマトと生姜のチキンカレーから紹介していこう。
価格は990円。ライス大盛り無料。辛さは標準から5倍まで選べる。

初見なので標準の辛さにしてみた。
画像でわかるように、鉄板にカレーが注がれているスタイル。
これは熱い。時間が経っても冷めにくいので嬉しい。

熱々と聞くとついダチョウ先生から学んだリアクション魂が暴…いやなんでもない。

具は、じゃがいも・タマネギ・トマト・ししとう・チキン(鶏手羽)。
アツアツの鉄鍋からスコップ型のスプーンでカレーをすくう。

「ハフッハフハフッ」

熱いがうまい!
そして鶏手羽が柔らかい。
生姜が効いているから、肉に臭みがまったくない。
そこにトマトの酸味が加わり、とてもフレッシュなカレーに仕上がっている。

ひとつひとつの野菜が大きいので、食べ応えもある。
1日分の野菜が食べられるそうなので、女性にも人気があるのでは。

さらに。

こちらの店では、カレーにサルサソースがついてくる。
カレーの辛さが「標準」だと、カレーよりも若干サルサソースの刺激が勝つ。
これがまたサッパリしてうまい。
だけどもちょっぴりスパイシー。

未体験カレーゾーン

さて、もう一品ご紹介しよう。

茄子と豚肉の旨味噌炒めカレーだ。
価格は890円。

ひと言で表現すると、カレー味の回鍋肉。
これが一番近いのではないだろうか。

ハッキリ言ってうまい。
完全におかず感覚でメシが進むタイプのやつだ。

ジャパニーズカレーでもスープカレーでもない。
中華風な感じ。

それにしても、際立つ野菜の新鮮さ。
ゴロゴロ野菜がいっぱいのカレーに大満足だ。

今回注文したカレー、どちらも甲乙つけがたい美味しさ。
代々木に来たら是非寄ってみてほしい

ところで、このお店では帰り際に切手をもらえる。
これ、集めるとトッピングやカレーがサービスしてもらえるのだ。

「切手収集…しよう」とつぶやきながら店を後にするさんぴん太郎であった。

DATA

店名
野菜を食べるカレーcamp 代々木本店
キーワード
住所

野菜を食べるカレーcamp 代々木本店

電話番号
03-5411-0070
営業時間
[月~土]
11:30~22:30(L.O22:00)


ランチ営業
定休日
日曜日
席数
20席
カード
カード不可

※記載の内容は、2015年04月09日時点のものです。